幼稚園教諭とは|保育士の求人・転職なら【公式】保育士サーチ.com

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 幼稚園教諭入門 幼稚園教諭とは

幼稚園教諭入門 幼稚園教諭とは

幼稚園教諭とは、学校教育法では幼稚園について「幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長すること」と、その目的が述べられており、幼稚園(公立・私立)にて、3歳児から小学校就学前までの子供たちの保育・指導を行います。幼稚園は、「学校教育法」という法律に基づいた学校であるために、幼稚園教諭として働くには幼稚園教諭免許状が必要になります。
ここでは幼稚園教諭の仕事や資格についてご説明致します。

幼稚園教諭は、幼稚園(公立・私立)にて、3歳児から小学校就学前までの子どもたちの保育・指導を行います。幼稚園は、「学校教育法」という法律に基づいた学校であるために、幼稚園教諭として働くには幼稚園教諭免許状(専修、一種、二種)が必用になります。
幼稚園教諭免許を取得するには、幼稚園教員養成課程のある大学、短大、専門学校にて、所定の単位を取得し卒業すると、幼稚園教諭免許状を取得出来ます。
保育園が、保育を補う場として、保育士によって、保育が補われますが、幼稚園では、管轄は文部科学省になり、遊びや工作を通して園児の得意なことや個性を生かして、伸ばして行くのが幼稚園教諭の役目と言われています。

幼稚園教員の役目は他にも、一人ひとりの健康状態をチェックすること、個性を見極めたうえでその子にあわせた適切な指導を行って行くことです。

法律による定義と幼稚園教諭の仕事

昭和22年に施行された学校教育法は、学校教育制度を定めています。 幼稚園も学校教育法で定められる学校です。
『第一条 この法律で、学校とは、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、大学、高等専門学校、盲学校、聾学校、養護学校及び幼稚園とする。 』

幼稚園教諭の活動の場は幼稚園です。3歳児から小学校就学前までの子どもたちの保育・指導を行います。 ここで、1年を通じて様々な行事や遊びを通じて子どもたちに助言をしていきます。幼稚園では小学校以上のような科目は設けられておりませんが、成長していくための基礎を指導、助言、援助をしていきます。
幼稚園によって教育方針などが多少変わってきますが、多くの幼稚園では入園前の子どもと保護者に園庭や保育室を開放しているところもあり、原則4時間の保育時間を延長する延長保育の実施や、夏・冬休みのような期間も通常通り稼動するところも多くなっています。

幼稚園教諭の役割として期待されていること

  1. 少子化と言われる現代、公立・私立に関係なく、幼稚園毎に独自の持ち味をPRすることが多くなってきました。こうした時代の流れから、幼稚園教諭の採用現場では、近年一人ひとりの「特技」に注目が集まるようになっています。専門的な資格の有無は別としても、これからは個人の特技が採用の重要なポイントとなってくると考えられます。
  2. 幼稚園教諭になるには「幼稚園教諭免許」が必須ですが、併せてピアノのスキルも必須となっています。幼稚園は教育の場であり、ピアノを使った歌や音楽の時間は「授業」の一つです。そのため教員全員が同じように授業を実施できるよう、ピアノは採用試験科目の一つであり、幼稚園教諭を目指す上で必須の技術となっています。 また、同じく芸術分野では、造形能力を問われる可能性もあります。こちらは必須の資格や条件ではありませんが、工作や粘土遊びも幼稚園では必ず行う授業の一つなので、在学中からスキルを磨いておくと良いのではないでしょうか。
  3. 近年、少子化であるのに幼稚園教諭のニーズが高くなっていることをご存知でしょうか?
    その背景には小学校受験がブームになっていることが挙げられます。 少子化により、子どもが一人の家庭が増えてきた為に、小学校受験をさせて私立の小学校へ入れる家庭が増えてきたのです。それにより、幼稚園児の間に小学校受験に勝てるように適切に指導してくれる優秀な幼稚園教諭が必要になってくるのです。
    幼児教育のプロとして、幼児が持っている能力を最大限に引き出してあげて発揮させてあげることが大切です。
    幼児の力を引き出すために専門的な知識を理解することも求められています。
  4. どんなことにも柔軟に対応出来る精神を持つことも大切です。 幼稚園教諭はいかなる場合も、幼児のことを第一に考えて、幼児一人ひとりの持っている力を最大限に発揮させる能力が必要です。また、偏った考え方をせずに、広い視野で物事を考える能力も必要です。

幼稚園教諭の魅力

「子どもたちと一緒に成長出来る」
幼稚園教諭の仕事は、子どもたちと絵を描いたり、楽器を演奏して歌を歌ったり数字や言葉を教えるといった仕事内容です。子どもたちの日々の成長を見守りながら成長をサポートするのが仕事ですが、子どもたちと一緒に自分も成長出来ます。

「子どもたちの最初の教育に携わることが出来る」
幼稚園は子どもたちが初めて触れる「教育の場」です。3歳児から小学校就学前までの子どもたちは人格形成の真っ最中であり、物事の善し悪しに関係なく、見たもの・聞いたものを何でも吸収してしまいます。幼稚園で学んだことを土台に子どもたちの人格が形成されていくのです。子どもたちが短い期間で見せる著しい成長は、彼らの教育に携わってきた幼稚園教諭たちに多くの喜びや感動をもたらせてくれます。

「やりがいがある」
人を育てる仕事、特に感情をストレートに出す小さなこどもを育てていくのはとても大変なことです。子どもとの触れ合いにおいては、楽しいことやうれしいことばかりではなく、難しいことも多くあります。しかし、その先に子どもたちの成長があり、そこに大きなやりがいと喜びがあるからこそ、この仕事を続けていく人は多いのです。

幼稚園教諭に向いている人とは

「子どもが好き」
子どもと遊ぶのが好き、子どもの笑顔に触れることで喜びを感じるなど、子どもとの触れ合いを楽しいと思える方にとっては、天職と言ってもいいでしょう。

「細かい作業が得意」
幼稚園では、細かい作業が沢山あります。 保育日誌を書いたり、保育目標を立てたりといった毎日の保育に関する指導書の作成があります。
毎日細かく記録しますから、記録などを書くのが苦にならない人がいいでしょう。
また、工作などが好きな人も向いていると思います。
遊戯室の壁面を賑やかに飾ってくれているのは幼稚園教諭が作った壁面装飾です。
そしてお誕生日会や行事などで子どもたちにご褒美として渡すメダルなどを作ったりします。
細かい作業が意外にも多い仕事ですから、細かい作業をこつこつと行うことが出来る人が幼稚園教諭に向いていますね。

「社会的常識がある」
まず、幼稚園教諭は教諭。あくまでも先生です。社会的常識がある・挨拶が出来ることは最低条件です。
幼稚園教諭の仕事というのは、日中は子どもたちと関わって色々なことを指導して行きます。
幼稚園に言っている時間は、お母さん達に変わって、色々なことを教えて行かなければなりませんから、 先生の行動や言動がそのまま子どもたちに繁栄することになります。
ですから、きちんとしたものの考え方と、知識をもった誠実な人が幼稚園教諭には向いていると言えるのです。

「心身共に健康で体力がある」
幼稚園教諭は、毎日たくさんの子どもたちと触れあう体力勝負の仕事でもあります。その子どもたちは止まっている時間の方が少ない位活発です。そういった子どもたちのパワーに負けない位の体力が必要でしょう。体力に自信がなければ続けていくことは難しいかもしれません。また、心身ともに健康でないと、笑顔で子どもたちと接するのも難しくなります。

「明るく元気がある」
子どもたちが楽しい時間を過ごせるように、笑顔で接することが求められるのです。また、鬼ごっこやおままごとなどの遊びを一緒に楽しめるということも必要です。保育士が楽しまずにぶっきらぼうにしていては子どもたちも楽しくありません。元気で前向きで子どもたちにパワーを与えるような明るい人は向いていると言えます。

保育園でのお仕事を探す
幼稚園でのお仕事を探す
サンライズ保育士キャリアスクール
保育園サーチ.com スタッフブログ
Pマーク
▲ページトップへ